お問い合わせ

M&Aアドバイザリー

オーナー 経営企畫 醫療法人 學校法人

事業承継M&Aのメリット

個人保証からの解放

中小企業は金融機関から「経営狀況が不透明」とみなされ、個人保証や擔保を提供することで信用を保全していますが多くの経営者にとって、これが多大な負擔となっています。會社を譲渡すれば、この足枷から解放されます。

事業の発展?雇用の継続

M&Aを戦略的に活用し、將來的なビジョンを持つ企業に託すことで、自社努力だけでは成し得なかった海外展開や新規事業への參入が可能となり、成長の機會を得られます。その結果、従業員の雇用を守ることが出來ます。

廃業コスト不要

會社を廃業する際にも、さまざまなコストがかかります。
設備の処分費や在庫処分費、店舗の原狀回復費などに加え稅務上?法務上の手続きも大きな負擔となるはずです。
M&Aが成立すれば、これら廃業コストがかかりません。

創業者利益と相続対策

譲渡により、オーナーは引退後の生活資金を獲得します。
會社を維持?発展させてきた対価として、支払われる報酬が最大になる選択肢といえるのが、事業承継M&Aです。
自社株式を現金化することは相続対策にも繋がります。

獨自ルートを活用した
ビジネス?マッチング

山田コンサルティンググループが日本全國でコンサルティングサービスを提供してきた結果、
優良企業の経営層から厚い信頼を獲得し、直接の提案ができる獨自ルートを保有しています。
この実績に基づいたネットワークはあらゆる企業のビジネス?マッチングを成功に導きます。
また、海外現地法人、グループ會社、提攜先のM&A情報にもアクセスし、マッチングの可能性を高めます。

サービスの流れ

01

契約

アドバイザリー契約の締結

具體的なサポートを開始するための契約を締結します。アドバイザリー業務の內容、報酬體制、契約期間などについて
ご理解いただいた上で、実行支援をスタートします。

02

初期調査

売卻対象事業の調査

會社の持続的な成長を考えたとき、検討することは不可欠。
真に會社のためになるM&Aをご提案します。

概要

事業のさらなる発展に向けて、ビジネス人生を締めくくる最後の仕上げをサポートします。
山田コンサルのネットワークを通じて信頼できる候補先をご紹介することもできるため、従業員や取引先が安心できる承継が可能です。
事業承継M&Aに必要となる候補先の選定、プロセス管理、譲渡価格の検証、條件交渉などをワンストップでご提供いたします。

課題例

  • ?後継者が不在であり、會社の経営を誰に任せるか分からない
  • ?後継者が未だ若く、経営者としての能力に不安がある
  • ?株価が上昇傾向にあり、稅負擔がリスクとなる

モデルケース

経営者が保有している自社株式を他社へ株式譲渡する場合

事業再生を目的としたM&Aに殘された時間は多くありません。
早急に信頼を取り戻し、取引を正常化させる必要があります。

概要

自力での再生が難しい狀況にある會社は、M&Aが抜本的な解決策になる可能性があります。
簿外債務のリスクを排除できる事業譲渡であれば、買手企業の理解を得ることができ、返済計畫を明示して債権者と調整すれば、
スポンサーへの譲渡も可能です。事業の継続が可能となれば、地域経済や従業員の雇用を守ることができます。

課題例

  • ?業界全體が低迷しており、取引先など身近な會社も買収出來る余力がない
  • ?赤字が継続しており、足元の資金繰りの目処が立たない
  • ?借入金の返済の目途が立たない

モデルケース

収益部門のみ他社へ事業譲渡して廃業する場合

麻豆画精品传媒2021一二三区-艾秋麻豆剧果冻传媒在线播放 凌晨三点看电影日本
皮山县| 嫩江县| 灵宝市| 黑龙江省| 米林县| 建昌县| 襄城县| 湘乡市| 日土县| 武城县|